電子書籍で勉強しよう

電子書籍を使って、昨日よりちょっと学んでいきたいひとへ

雑記:大人になってからの勉強とは?

こんにちは。

徐々に、でも確実に社会が正常化(変わったまま戻らない

部分も含め)していく 動きみたいなものを感じますね。

 

さて、今回は雑記まで、

「大人になってからやる勉強ってどうよ?」を考えたいと

思います。

 

f:id:ouenruruta:20200524093302j:plain

 

私の場合小学生のころから塾に通い、中高一貫私立、

大学に入っても勉強量の多い大学を出て社会人に

なりました。

本を読むのに抵抗もありませんでしたし、上司や先輩

からも読んで学ぶことの大切さは教えてもらいました。

 

今回お話ししたいのはもっと後、「ひととおり仕事は

覚えたくらいの段階、あるいは自分自身で物忘れが

増えたなあ」を感じたくらいから始めるものです。

 

ここ2,3年、学生時代のような力業の暗記方法が

あまり効率よく吸収できなくなってきていて、

物忘れ増えたのかな、こわいな、と思うようになりました。

 

そのとき、自分の興味関心のある分野でもそうなのか

気になり、

 ・Jリーグ(ひいきにしているFC東京

 ・アイドル(とりあえず流行っている乃木坂46から)

これらでもそうなのか検証してみることにしました。

 

サッカーはもともとよくTVで見ていたこともあり、

 ・どんな時期、どんなメンバー、どんな試合展開

 ・誰がどのようなゴールを決めた

アイドルは顔と名前を覚えるところから

 ・曲のイントロ

 ・楽曲ごとのメンバーや、主だったライブ

などなど、もと不安を感じていた記憶力がさほど不自由に

ならないことがわかりました。

 

「趣味でやってんだからそりゃそうだろ」とお思いのかた、

そのとおりだと思います!

 

スランプ期にいろいろ読んだ本の中でも、感情が動いて

覚えたものは忘れないといっているものがあり、

 逆転ゴールが決まった時の割れるようなスタジアムの歓声、

 灼熱だったり豪雨だったりする中で見るアイドルの笑顔、

などなど、大人になってからでも感情の動きとセットなら

深く記憶に刻まれるものもあるんだと実感しました。

 

今回は、新しいことを始めるのに遅すぎるということはないを

間違えて深夜に目を覚ましてしまったので書き連ねてみました。